Black Women's Lives Matter

黒人女性の命は大切だ

(日本語下記)

Black women are often victims of police brutality and sexual assault from officers.

In the days following the tragic shooting of Ahmaud Arbery on February 23, 2020, only a handful of news outlets were sharing the story of Breonna Taylor.

Midnight March 13th 2020, Louisville police were serving a no-knock warrant looking for 2 men on suspicion of involvement in a drug ring. After a forced entry and a brief altercation, the police sprayed the house with gunfire. Breonna Taylor was instantly killed by 8 of those shots as she lay in bed resting from a hard day's work. Her boyfriend, Kenneth Walker was taken into custody and charged with the attempted murder of a police officer.

In the days following, disturbing details of the raid came to light. Walker, who is licensed to carry a firearm, asserts that he acted in self defense thinking he was about to be robbed in the middle of the night. The officers never identified themselves as police. The police maintain that they knocked several times, despite serving a no-knock warrant. There is no body-cam footage to prove their claim. The charges against Walker were later dropped(1).

The real tragedy comes in this additional detail. The person the police were looking for was already in custody and they didn’t need to raid the house at all. Breonna’s death could’ve been completely avoided if the police had been efficient in the evaluation of the situation. While Breonna’s mother, Tamika, is left broken at the loss of her daughter who planned on becoming a nurse to help those in need, justice is nowhere near being served. The case barely progresses forward and the 3 officers involved are still on administrative leave(2).

Breonna Taylor, did not deserve this fate and her death is another example of the disgusting lack of accountability that the police enjoy.

The widespread murder, brutality, and sexual assault against unarmed Black women at the hands of white male officers is often invisible to the public eye, but it happens. The social justice scholar Monique W. Morris while discussing her new documentary Pushout: The Criminalization of Black Girls in Schools talked about how
“protests are often in the name of men and boys, and we forget that so many girls, young women, transgender women and girls are disproportionately impacted by the same state-sanctioned violence that our men and boys are experiencing.”(3)

Black women are no strangers to suffering at the hands of the police, but their plight often falls through the cracks and quantifiable research is hard to come by.
  • Between 2005 and 2007, 32.2% of cases of sexual misconduct against Black women by police officers involved forcible fondling or statutory rape(4).
  • Between 2001 and 2005, 48% of the victims of violent crime such as rape, sexual assault, robbery, and aggravated assault, were Black(5).
  • Despite the Black population making up 13% of the overall population, Black women comprise 32.6% of the female prison population(6).
  • In 2013, in New York State, where the population was 27% Black, 53.4% of the police stops on women were Black women(7).

#SayHerName
This hashtag puts the spotlight on Black female victims of police brutality. #SayHerName
pays tribute to the memory of Black women who have senselessly lost their lives and assures that the efforts of Black women in the fight for justice and equality are never forgotten.

黒人女性はしばしば警察官による不当な武力行使と性的暴行の犠牲者になっています。

2020年2月23日のアマッド・アーベリーさん射殺事件のニュースの裏で、ブレナ・テイラーさんの事件はほとんどニュースに報じられませんでした。

2020年3月13日の深夜、ルイジアナ警察は警告不要の令状を手に麻薬組織関与の疑いで男性2名を捜索していました。アパート内に強行突破、端的な口論後、3名の警察官は20発以上発砲し、ブレナ・テイラーさんは8発の弾丸を受け死亡しました。救急医療技術者として、COVID-19と奮闘する忙しい一日を終え休んでいた夜のことでした。テイラーさんの恋人、ケネス・ウオーカーさんは逮捕され警察官の殺害未遂で起訴されました。

数日後、襲撃に関する不隠な詳細が明るみに出始めました。銃の所持を許可されているウォーカーさんが、真夜中に強盗にあっていると思い自己防衛の為に行動したと主張しました。警察官らは、現場で自身が警察官であることを一言も表明していなかったのです。彼らは警告不要の令状であるのにも関わらず、ドアを数回ノックしたと主張しました。警察官らの主張を証明できるボディカメラ映像はなく、ウォーカーさんに対する告発は後に取り下げられました。(1).

本当の悲劇は、のちに判明した真実で明らかになりました。警察官たちが捜索していた容疑者2名はすでに拘置されていました。テイラーさんの家を襲撃する必要など、元々なかったのです。警察当局が事前に状況を良く把握していれば、彼女の死は防げたはずなのです。テイラーさんの母・タミカさんは愛娘を亡くした喪失感に打ちひしがれる中、テイラーさんのための正義は未だ成されていません。この事件の捜査は進展しておらず、関与した3名の警察官は未だ休職中となっています。(2).

ブリアナ・テイラーさんがこのような死を迎えることになったのは、警察が、犯した罪から逃れることができる構造的仕組みの結果なのです。

丸腰の黒人女性が白人警察官から受ける度重なる殺人、暴行、性的暴力は公の目に止まりにくいですが、実際に起こっていることです。社会正義学者のモニーク・W・モーリスさんは、自身の新しいドキュメンタリー”Pushout: The Criminalization of Black Girls in Schools”(直訳:追い出された人:学校における黒人少女の犯罪化)にてこう語っています。
抗議は多くの場合、男性や少年の名の下に行われ、非常に多くの少女、女性、トランス女性・少女も同じように国家認定の暴力に不釣り合いに影響を受けていることを忘れがちです。(3)

黒人女性が警察の手によって苦しめられることは決して例外的なことではありません。ただし、多くの場合見落とされ、定量的なデータを得ることが難しいのが現状です。
  • 2005年と2007年の間に、警察官による黒人女性に対する性的不正行為の32.2%は強制的な性的接触と法定強姦でした。(4)
  • 2001年から2005年の強姦や性的暴行、強盗、加重暴行の被害者のうち48%は黒人女性でした。(5)
  • アメリカ国内の黒人の総人口は13%であるにも関わらず、刑務所で服役する女性受刑者のうち32.6%は黒人女性です。(6)
  • 2013年、黒人の人口が27%のニューヨーク州では、警察官より職務質問を受けた女性の53.4%が黒人女性でした。(7)

#SayHerName (#彼女の名前を言おう)
このハッシュタグは警察からの暴行被害者になった黒人女性にスポットライトを当てています。#SayHerName は無慈悲に命を奪われた黒人女性に敬意を表し、正義と平等獲得の戦いにおいて黒人女性の努力が忘れられないことを保証するものです。

Sources:

(1)https://www.nytimes.com/article/breonna-taylor-police.html (2)https://edition.cnn.com/2020/06/05/us/breonna-taylor-birthday-charges-arrests-case-trnd/index.html (3)https://www.shethepeople.tv/news/breonna-taylor-racism-black-women/ (4)http://static1.squarespace.com/static/53f20d90e4b0b80451158d8c/t/560c068ee4b0af26f72741df/1443628686535/AAPF_SMN_Brief_Full_singles-min.pdf (5)https://www.bjs.gov/content/pub/pdf/bvvc.pdff (6)https://tbinternet.ohchr.org/Treaties/CAT/Shared%20Documents/USA/INT_CAT_CSS_USA_18555_E.pdf (7)http://static1.squarespace.com/static/53f20d90e4b0b80451158d8c/t/560c068ee4b0af26f72741df/1443628686535/AAPF_SMN_Brief_Full_singles-min.pdf

Support our cause
Currently, we are seeking funding for our next music event, zine, a possible gallery exhibition, and the next episode of our webinar series. All proceeds will go to making these events happen and available to everyone.

ブラック・ライブズ・マター 東京は現在、第2回目のミュージックイベント、アートマガジンの第二刷発行、第3回目のウェビナーシリーズ、またアート作品展などの活動費用を募っております。皆様からお寄せいただいた寄付は、全てこれらを皆さまにお届けするための経費として活用されます。
Donate